心得ておきたいこと

女性にとって仕事とは、結婚や出産、子育てなどを契機に環境が変わる可能性もあるものだ。そのためにキャリア形成が難しいと考えられているのである。さらに多くの女性は、比較的短絡的な思考を余儀なくされるものである。年齢と共に変わる様々な環境に対応できるようにとの本能のようなものだ。それ故に、長期にわたってのスキル形成を意識することが必要となる。たとえ出産や子育てによって一度は職場を離れることになっても、不都合無く復帰できるような働き方を考えることが重要であるのだ。

まず心得ておくべきは、基礎的なビジネススキルをいかに身に付けるかである。これはどのような業種においても役立つ技能である。そしてもうひとつ、携わる業務に関わる技能を深く究めることだ。これはたとえ休業の期間が長かったとしても、即戦力としてすぐに役立てることに繋がるものだ。それを意識して普段の業務に取り組むことが大切である。自分のスキルがどのように向上しているのか、確認しながら常に目標を掲げることも重要だ。自分の仕事に課題を見つけ出し、そしてそれを解決する工夫をすること、この繰り返しが財産として活きてくるものなのだ。たとえ異業種への転職をすることになっても、基本的なビジネススキルを磨いておけば対応できるものである。その経験が評価されて、良い条件で仕事に復帰することができるようになるのだ。自分のスキルアップをどのように行うのかを意識することが必要というわけである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です